読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ公務員.com

26歳既卒短期職歴有りの私が経験した公務員試験勉強、面接対策をご紹介します。職歴があっても合格はできる!

【筆】政治学・社会学の倒し方

筆記試験対策

政治学、社会学、経営学・・・この辺りの社会系専門科目って難しいですよね。私も初めて問題を見たとき「こんなの解けるのか?」と戸惑ったほどです。さらに本試験でも政治学社会学はそんなに良い得点源になりませんでした。経営学は私最大の得点源だったので説明は省きます。経営学部だったので勉強しなくても8割取れるんです。。。


じゃあ、そんな政治学社会学ですが、せめて国家一般職の5問中3問以上は取りたいところ。無難に攻めるべき科目だと思います。やり過ぎると終わりを知らないブラックホールのような奥ゆかしさを醸し出す科目です。だからこそ、さらっと暗記しまくりましょう。そんなわけでオススメのノウハウをご紹介。


人名と理論名、著書名等をリンクさせて覚える、それだけ。マックス・ウェーバー、デュルケム、オーギュスト・コント等々人名を覚えるだけでは不十分。そこに理論等をリンクさせないと得点にはなりません。デュルケムなら「方法論的集団主義」「自殺論」。コントなら社会学の祖で「実証哲学講義」・・・こんな感じ。Excelで表なんか作って覚えてみてもいいかもしれません。政治学社会学経営学全てこんな感じでまずは暗記しましょう。暗記です。公務員試験は暗記です。暗記が9割です。


あとは基本問題集を徹底的に解きまくる必要があります。私がやった方法はウォーク問を5周以上した後スーパー過去問ゼミを3周以上しました。これだけです。これだけで合格点にたどり着きました。授業?受けてません。テキスト?読んでません。問題集しかやりませんでした。時間無かったし問題集に丁寧な解説あったし、あえてもう一冊本を増やしたところで検索時間がもったいないし非効率的です。電子書籍になってるなら買ってましたがそんな時代でもなかったですしおすし。


といったようにやるのもひとつの手だと思います。まとめると、「人名と理論、著作物等をセットでリンクさせて覚える」「問題集を最低1冊3周以上する」。これで多少なりとも戦力になってくれます。


ではでは!


公務員試験 ウォーク問 過去問Quick Master 政治学<第2版>

公務員試験 ウォーク問 過去問Quick Master 政治学<第2版>