読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ公務員.com

26歳既卒短期職歴有りの私が経験した公務員試験勉強、面接対策をご紹介します。職歴があっても合格はできる!

【訪問】官庁訪問に行ったら何をやらされるの?

官庁訪問

公務員試験 現職人事が書いた「面接試験・官庁訪問」の本 2014年度

公務員試験 現職人事が書いた「面接試験・官庁訪問」の本 2014年度

 

前回に引き続き官庁訪問について書きます。

官庁訪問というのは実に様々な形態があります。なぜかというと、人事院面接が終わり最終合格していないと「採用面接」ができないみたいだからです(予備校でこんなことを聞きました)。だから名前こそ違えどやってることは同じという現象が結構起きています。

 

では具体的にやっていること、私が経験したことを書きましょう。

 

1.面談(面接ではない、、、という詭弁、と予備校講師談)

2.説明会(と称した応募者チェック)

3.職場見学(勤務地を実際に見せてもらう)

 

こんな感じでした。

 

1.ははっきり言って気持ち悪さを感じますね。なぜなら官庁のことをほとんど何も知らない状態で訪問します。そして説明を聞きその官庁の理解を深める場として「官庁訪問」があるわけです。しかしやっているのは「選考」。「?」とずっと感じていました。

 

そんな中で「弊局は志望順位何位ですか?」という質問があったのですが、私はこの官庁のことをまったく知らなかったので「1位ではありません。なぜならまだよく知らないからです。だからよく知るために今日訪問させていただきました。何も知らない状況で順位を出すことは致しかねます」ということを言ってやりましたね。まぁ、面接に似た選考を実はやっていそうです。だから、面接に行くという気持ちで準備はしておくべきです。

 

2.はこちらからする質問で選考されるというものです。面接はしてはいけないことに一応なっているみたいなので、官庁側は「なんでも質問してください」という姿勢でいるようです。本当かどうか知りませんが予備校でこんなことを聞きました。だからこそ、相手に好まれるような質問や受け答えを重視する必要があります。質問とか考えられないって方は、ぜひぜひ予備校の官庁訪問対策を受講してみてください。過去の質問集とかもらえますよ。

 

3.は官庁によってあるところと無いところがあるみたいです。私は行ったことがないのですが、特殊な環境の職場だったら中を案内してもらえたりするようです。ちなみに国税専門官の1次合格の後に税務署へ訪問しました。職場の中を見させていただいた後、質問会を開いてもらったことで働くイメージを上手くふくらませる事ができる良い経験ができました。おすすめなので、機会があれば是非参加してください!

 

こんな感じで官庁訪問というものが行われているようです。結構前の話なので今もこうなのかはわかりませんが、少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

公務員 面接・官庁訪問の秘伝 2014年度採用 (公務員試験)

公務員 面接・官庁訪問の秘伝 2014年度採用 (公務員試験)